【大学院受験!】入試ポイントは英語!語学は毎日触れましょう!

医療系大学院メリット・デメリット

大学院進学!
メリットとデメリットを
把握したうえで

じじ
じじ

大学院受験!

を決意すると

次は入試対策!です

大学院入試は

英語
研究計画
面接

この3つが基本となります

じじ
じじ

ハッキリ言います

ポイントは

英語!

学力を確認するのは
これしかないのです

今回の結論です
大学院入試は英語対策!必須です!
ポイントは毎日触れること!

では?どんな対策が必要ですか?

となります!

この記事でわかること

大学院入試における
英語対策!

をお知らせします!

旧帝大で教員をしていましたが
英語が苦手な学生が

じじ
じじ

非常に多いです

今回はどのような対策が
必要になるのかを
お知らせします

<自己紹介>

じじ
じじ
  • 私立大学教授
  • 社会福祉学博士
  • 国立大学で博士課程の
    指導教員をしていました
じじ
じじ

所属した院生には
修了してもらっていますよ

スポンサーリンク

大学院入試で求められる英語  TOEFL ibtの提出も!

実際に大学院入試での
出題ですが

じじ
じじ

全訳!

私は文系大学院の出身です

A3用紙3枚 2つのテーマ
について全訳でした

じじ
じじ

正直

詰みました

((+_+))

大学院試験での英語

上でも述べましたが
英語の実力を知るため

じじ
じじ

全訳!

手っ取り早いですよね

大学によっては
本当のテストっぽい出題を
するところもあります

しかし、共通して言えるのは

じじ
じじ

これから専攻していく

分野の論文を読めるのか!

という事です

大学院では英語論文を
読めないと自分の研究の立ち位置
がわかりませんので、、、

英語は大学院では必須なのです!

TOEFL TOEFL iBT TOEIC 大学によって異なる

最近は外部での
試験結果を入試に
反映させるところも
出てきています!

英語の試験を実施しないところも
あります!

大学によって

TOEIC
TOEFL
TOEFL iBT

使用している外部試験が
異なります

大学院の情報を
正確につかみましょう

じじ
じじ

それぞれの点数は
2年間は有効としている
ところが多いです

対策方法 英語は語学である 毎日が大切

ここまでわかったら

じじ
じじ

対策あるのみ!

TOEICなどの外部試験も
準備しないと
多くの人は難しいと思います

じじ
じじ

英語得意な人でも
対策必須です

 

点数は高い方が

有利になりますから

TOEFLなどを導入していない大学院対策

簡単です!

じじ
じじ

自分の専攻する分野の英語を
読み漁ることです!

これだけで十分です
ポイントは

じじ
じじ

日本語に
置き換えておくこと

研究論文は
その分野で
よくつかわれる単語を
覚えていくのが近道です

何度もその分野の英語に
触れれば
ストレスは減ってきます!

TOEFLなどを導入している大学院対策

こちらは
専用の対策を立てることを
お勧めします

ちなみに
英語が得意な人は
必要ないかも
しれません

苦手な人は私は

じじ
じじ

自己投資ですし

合格を!と思うなら
必要だと思います

しっかりとポイントを
教えてもらった方が
点数に結びつきます!



これらの業者は
外部試験の名称を
出しています!

意外と少ないのです

そして対策しないと。。。

じじ
じじ

本当に

英語で入試失敗します

ちなみに

じじ
じじ

ギリギリの人も

入ってから英語で

苦労します!

理系大学院だから英語は

じじ
じじ

思いっきり
関係します

博士課程も考えると英会話も必須

大学院も修士・博士で
異なりますが

じじ
じじ

博士を考えると

英会話も早めに

始めておくことを

お勧めします

正直
私も会話は苦手です・・・
少し時間がかかります・・・
( 一一)

研究は世界レベルで行っていく
必要があります

なので、
海外での学会発表
留学

という事も
視野に入れると英会話も
必須です



こちらは
アプリでも学習可能となっています
*今はお得になっているようです!

じじ
じじ

会話は

若い時にもっと

やっておくべきだった

((+_+))

と思っています。

あとは

じじ
じじ

毎日!です

大学院入試の学力検査は英語!

今回の結論です
大学院入試は英語対策!必須です!
ポイントは毎日触れること!
じじ
じじ

語学ですから

徹夜とかで

何とかなるものでは

ありません((+_+))

なので、
大学院受験を決めたら
英語!を
しっかり準備しましょう!

コメント