医療系大学の無料資料請求!早い情報収集をスタディサプリで! 

医療系大学の入試対策

大学を受験する際には
大学の情報を集めましょう!

絶対に知らないといけないのは

入試区分
総合型選抜
学校推薦
指定校推薦
一般入試(前・中・後期)
センター入試(前・後期)

それぞれについて
日程、受験科目、定員、昨年度倍率

しかし
これだけで志望校を決められませんよね

この記事の結論です

早めにパンフレットを集めましょう

今回はスタディサプリの使い方を
ご紹介します
図書カードもくれるようです・・・
大学では
留年・中退が起こります
医療系は多いと思いますその理由は
なんの職を勉強するのかを知らずに
入学してきた学生に多くみられます
特に「親に勧められた」というのは
多いです
ですので
この記事で資料請求をして
受験する大学、分野をしっかり学んで
受験をしていただきたいと思っています
また、大学を選ぶ際に
見逃されやすい重要情報についても
ご紹介します
この記事を書いている人「じじ」!
・私立大学教授 作業療法士
・専門学校4年
・国立大学11年
・私立大学4年
19年の医療系養成教育歴があります。

じじ
じじ

皆さんを応援!

宜しくお願いいたしますm(__)m

スポンサーリンク

スタディサプリとは?

 

耳にしたことのある人も
そうでない人もいるかと思います

リクルートって聞いたことありませんか?
「じゃらん」や「タウンワーク」はどうですか?

旅行、仕事、住まい、進学など
様々な情報サービスを展開している日本の企業です

リクルートの情報サービスの一つとして
今回ご紹介する
「スタディサプリ」があるのです
スマホアプリもあります
ですので信頼のおける会社です
もし心配であれば保護者の方に
リクルートで資料請求してもいいか
確認してみてください

実際の請求方法

まずは検索しましょう

「スタディサプリ 大学資料請求」
で検索すると

 

緑色で丸をしたところをクリックしましょう
こちらからも入っていけます↓
【スタディサプリ進路】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

するとこの画面が出ます

 

学校の種類は大学・専門学校で
エリアは皆さんの住んでいる地域を
選択して検索してください

大学選択を選択しましょう

各地域の大学が表示されますので
チェックを入れ、次に進んでください

すると最終確認として
他の大学のお薦めが示されます

必要があれば追加、必要が無ければ
次へ進んでください

最終的に資料請求する大学が
示されます

送付先の入力

送付先の入力画面です

名前
性別
住所
卒業予定年
高校名
電話番号
メールアドレス

について入力が求められます

そして

パンフ・願書請求キャンペーンとして
その後も各大学やスタディサプリ進路から
連絡が来ることに同意してください
とありますので
一旦、同意いただき資料請求が完了します

スタディサプリを利用することのメリットとデメリット

メリットについて

最大のメリットは
一度に多くの大学の資料を
取り寄せることが出来ることです

高校でも資料を手に入れることが
可能ですが欲しい大学の資料が
不足していることもあります

是非、この無料サービスを利用し
情報を集めておくことをお勧めします

そして疑問に思ったところは
オープンキャンパスで
質問してください

大学側は隠さず実情をお話しします

デメリットについて

お分かりになっている方も
いるかと思いますが
資料送付後にも時折、
連絡があるというところです

情報の欲しい大学であれば
問題ありませんが
試しにもらったところからの連絡は
必要ありませんよね

資料が迷惑であれば断ることが出来ますので
しっかり断りましょう
また、スタディサプリではなく
大学で送付していることもありますので
スタディサプリだけでなく大学にも
断りを入れましょう
*その後は無くなりますので安心してください

メールや継続資料送付の断り方

同意しても断ることは
いつでも可能です

安心して連絡をして
お断りしてください

各大学の場合には
各大学へメールか電話をして
資料送付を止めて下さいと
お願いしてください

資料から何を読み取る?

現在はHPも充実していますので
情報は集められますが

資料はすぐに調べることが出来ますので
便利です

候補の大学で比較をしてください
医療系大学の比較ポイントは
こちらでお知らせしています

【受験生必見!】究極版9つのポイント:医療系大学の選び方

ここでお知らせしている9つのポイントを
比べるとあなたの理想の大学を選ぶことが
出来ると思います

また、
各大学での時間割も記載されていますので
どんなことを勉強するのか?
受験の倍率は?
就職状況は?(職種でかなり違います)

あと、意外と落としているのが
奨学金です
授業料免除や利子がいらないなど
各大学で色々な奨学金制度を
設けている場合がありますので
見落とさないように確認お願いします

情報をまとめた上で
大学のイベントに参加することで
具体的にイメージ出来るようになります

最後に

高校生は意外と資料や情報を
集めずにイベントに参加しています

しかし
それでは漠然とみて
感想として楽しかった
雰囲気良かったという
イメージが残るだけになります

今回の結論です

早めにパンフレットを集めましょう

今回はスタディサプリの使い方を
ご紹介します
図書カードもくれるようです・・・

*7校の資料を同時に請求すると
図書カードがもらえるようです・・・

【スタディサプリ進路】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

上記サイトから資料を集め情報を整理して
イベント参加してください

私もどこかの大学で皆さんを
お待ちしております

受験生の皆さん!
がんばれーーーー!

コメント