【まとめ】オフィスチェアの選び方!腰痛、肩こり結局どうすれば?

オフィスチェアの選び方

いろいろなサイトで
紹介されているオフィスチェアです

じじ
じじ

結局のところ

どうすれば!

という事になっていませんか?

また、良く見る理想の姿勢!

股関節・膝関節・足関節90度
背筋まっすぐ!

あれで長時間は無理だと思いませんか?

じじ
じじ

大学院生の実験台の時に

7分で筋肉痛になりました

((+_+))

だとしたら
難しいですよね。。。。

そこで今回の結論になります

じじ
じじ

ランバーサポートではなく

ペルビック(骨盤)サポート

が重要!

になります。

このサポートによって
腰痛と肩こりが緩和に期待が持てますので
ご説明したいと思います。

詳細はこれまでの記事を添付していきます
宜しくお願いいたします

m(__)m

この記事を書いている人「じじ」!です

じじ
じじ

カニ好きです!

私立大学教授 作業療法士
車いす開発
オフィスチェア開発
高齢者支援
車いす関係特許所有

などを行ってきました。

宜しくお願いいたしますm(__)m

あとは取捨選択して
読んでいただけると幸いです!

スポンサーリンク

支えるところが異なるランバーとペルビックサポート

これは腰痛の記事で明確に
しましたが、

腰痛だからと言って
腰椎だけを支えるという考えではなく!
(ランバーサポート)
腰椎の元である骨盤から支える!
(ペルビック)
の違いになります。

じじ
じじ

皆さんに質問です

いまの骨盤の角度って

立ち上がっているときに比べて

後ろに寝ていませんか?

身体の構造的に座っているときよりも
立っているときの方が
腰への負担は少ないのです
*ちなみに首も同じです

腰痛をお持ちの方は立っている方が楽だったりしませんか?

骨盤は起き上がり、腰椎もまっすぐになりませんか?
これが良く言われている良い姿勢なのです

股関節 膝関節 足関節が90度で保たれ
背筋がまっすぐの!例の姿勢です
背筋まっすぐなのが立っているのと
同じなのです
じじ
じじ

でも、

そんな姿勢では座っていられません!

書道家の人でも無理だと思います

建物で考えてみましょう!

基礎部分の骨盤が寝ているのに
腰(ランバー)だけで支えても
上物がまっすくになるのは難しいです!

じじ
じじ

ならば

ペルビック(骨盤)から

支えましょう!という

単純な発想です!

こちらの記事にお勧めの椅子とともに記載しています!

【腰痛】解消はランバーサポート?で十分か?オフィスチェア選び
腰痛! 実に 日本人の4分の1の方が悩む症状です! じじ 私も職業柄 患者さんを抱えて やってしまった時期が ありました。。。 きついですよね 動けません ( 一一) ...

ペルビックサポートは腰だけでなく肩こり・頭痛にも有効!

先ほど人間の身体を
建物として考えていただきました

その結果

骨盤と腰椎の関係性を
見直すことで腰部への負担が減ると
お話ししました

じじ
じじ

建物構造の基礎部分が修正!

ならば屋根部分も是正され

首への負担も減ります!

この首への負担が減れば
当然肩こりも緩和されます!

人間が活動する際には、
やや前傾姿勢になることは
体感されていることだと思います

この前傾姿勢によって
首への負担が増えています

こんな記事も出ています

Newsweek日本版で紹介された
20年後のデスクワーカーの
姿を予測した人形だそうです

冗談なの? 20年後のデスクワーカーの姿を予測した人形が過激すぎて話題に
<20年後、人々の身体がどのように変化するおそれがあるのかを予測した等身大の人形...
じじ
じじ

これは極端ですが

これぐらい首に負担が

かかっていると考えてください

腰へのサポートによって
肩こり・頭痛も改善される可能性があります!

それらの理屈については実際の実験写真も
入れて次の記事で紹介しています

是非参考にしてください

オフィスチェアの選び方【頭痛減る?】デスクワークの肩こり解消!
オフィスワークは肩こりの元凶です。肩こりは頭痛も引き起こします!オフィスチェアを考えてみませんか?頭は5㎏あります!重いのです!なので首に負担が少なくなるチェアを選んでみませんか?

デスクワークの特性を考えてプラスα

これまでペルビックサポート
考え方をお知らせしてきました

しかし、

じじ
じじ

デスクワークの特性を
考えなくてはいけません

それは

じじ
じじ

動かない!
という不動性の問題です

この不動性は

腰痛 

肩こり 

頭痛 

むくみなど

など身体にいいことありません!

でも職務中に立ったり座ったりを
頻回にはできませんよね

そこで
椅子を動かすという考え方が出てきています

じじ
じじ

ペルビックサポート

動く椅子

これが理想と思っています

そのことを次の記事で述べていますので
ご確認いただけると幸いです。

オフィスチェアの選び方【頭痛減る?】デスクワークの肩こり解消!
オフィスワークは肩こりの元凶です。肩こりは頭痛も引き起こします!オフィスチェアを考えてみませんか?頭は5㎏あります!重いのです!なので首に負担が少なくなるチェアを選んでみませんか?

最後に値段です

いい椅子はいい価格します

そして

じじ
じじ

ネット上で
モノを勧めるのに
わかったものでないと

勧められません

無責任に
安価な椅子は難しいです

すいません

m(__)m

そこで私は

各メーカーのトップ商品ではなく
2番手商品がねらい目!

価格的に決して安くはないけど
1番手商品のエッセンスが
入っているのでおススメ!
と考えています

その辺りも記事にしていますので
必要に応じて参照していただけると幸いです

価格とメーカー:ハイクオリティなオフィスチェアの価格とその理由
オフィスチェアや 在宅ワークの椅子を買おう! 身体のことを考える 価格 この2つの要素は欠かせないです。 じじ 安くていいもの! これを考えるのは 消費者ですからね ...

現状での結論です

じじ
じじ

ペルビックサポート

+

動きのある椅子

という事になります

しかし、どちらもまだ不足感があるのが
正直なところです
これらを解消できる椅子を作りたいと思います

私からの妥協点としては

じじ
じじ

なかなか難しいという方は
骨盤が支えられ

首が立つ

椅子を探してください

量販店でも
意外と体に合うものは
見つかりますよ

耐久性は保証できません

また価格の件は

じじ
じじ

高いものはよい!

でも、10万以上の椅子を購入できる人は
一握りだと思います。

私の中で、頑張ってちょっと高いベッド
と同じぐらいだと思って
椅子も考えていただけると。。。と
思っています。

じじ
じじ

いろいろ書きましたが

椅子は選んでほしいです

制作に携わっているものとして

本当に思います

宜しくお願いいたします

 

コメント